投稿日:

小児の葬儀の服装

葬儀に弔問客として列席をする場合には、通常は黒色の喪服を着用することになります。これは、洋服店などにも既成のものがありますので、購入することは容易ですし、黒いネクタイや清潔なハンカチ、黒い靴などの付属品もあわせて陳列されていることがほとんどであるといえます。しかし、成人の場合であれば、それでもよいとしても、小児が葬儀に参列しなければならないというときには、既成の喪服というのはまず見当たらないものですので、困惑してしまうことにもなりかねません。この場合ですが、できれば黒、なければ紺色や灰色といった、地味な色合いの小児用のスーツなどがあれば、それで代用をするというのが適当であるといえます。中学生、高校生のように学校に着て行く制服があるのであれば、制服での参列というのもめずらしくはなく、むしろ葬儀に似つかわしくないような私服を着用するよりは、制服のほうがよほどマナーをふまえたものになる場合があるのです。