葬式の際、失礼に当たらない服装

葬式に参列する際は喪服を着用します。喪服とは遺族が喪に服す正装ですので、参列者はご遺族の喪服より格下になるように略式の礼服を着用します。仮通夜、通夜は礼服ですと不幸を予期していたようでおかしいので地味な平服で訪れますが、最近では葬式に参列できない場合のみ礼服の着用も良くなっているようです。告別式はブラックフォーマルで男性も女性も控えめな服装をします。レンタルもありますので急場の場合は利用するのが良いでしょう。冬場コートを着用する場合は、建物に入る前に脱ぎます。外での葬式の場合はご焼香の時のみ脱げばよいでしょう。また、皮製品や毛皮などは殺生から死のイメージをもちますので極力避けましょう。女性は黒のワンピース、スーツ、アンサンブルで、襟ぐりの詰まったもの、スカート丈はひざ下が良いでしょう。メイクは極力控え、髪はまとめます。髪飾りも地味な物を選びましょう。目立つネイルは外します。バックは光沢のない黒い物、結婚指輪はしていても大丈夫です。ブラックパールのアクセサリーならよしとする場合も、ネックレスは必ず1連にしましょう。2連にすると不幸が繰り返されることをイメージしますので止めた方が無難です。