葬式の服装を知る

葬式に出ることになると、何かと準備が必要になります。このような人の不幸というのは、いつどのようなタイミングであるのかもわからないものです。ですから、普段からいざというときのために準備をしておくと安心です。
葬式の際には服装を検討していくことになります。遺族の側と参列する側では若干違いがあるのですが、遺族では3親等以内であれば正式な服装として喪服や礼服にした方がいいといえましょう。参列する立場であってもブラックフォーマルでスーツなどを着用するようにします。男性は黒いネクタイにするのですが、タイピンはつけずに女性は真珠を付けるのもいいのですが、真珠は一連にして、二連は避けるようにしたほうがいいでしょう。
靴下や靴、ストッキングなどでは黒でラメなどが入ってないものにすることにして、地味にしたほうがいいですし、髪型に関しても女性はまとめたりするなど、すっきりとした印象で参列したほうがいいといえましょう。