投稿日:

葬儀の服装で気をつけること

葬儀に参列する場合はマナーを守る必要がありますが、服装は特に重要です。
参列者の服装は、一般的には黒が基本となります。男性であれば、スーツ、ネクタイ、靴、靴下は全て黒で統一し、ワイシャツは白が常識です。靴下は黒以外でも、グレーなど暗めの色を選択すれば問題ありません。装飾品は外し、時計はシルバーなど地味な色限定とし、ネクタイピンも不要です。
女性も同様で、黒のワンピースもしくはスーツとし、ストッキングも黒とします。ネックレスや時計、指輪も地味で目立たないものを選択します。
上着は黒以外でも問題ありませんが、前もって入り口で脱いでおきます。かつては革のコートは非常識とされていましたが、これは革製品が殺生に繋がるという所から来ているものです。現在は葬儀の際に革靴を履いていない人の方が珍しいだけでなく、そもそも革製品が良くないという昔の常識を理解している人の方が少数派となっていることもあり、気にする人はほとんどいなくなりました。このため特に大きな問題はありませんが、気になる場合は上着だけ革製品以外を選択するようにします。