葬式で参列する際に注意する点

不幸の知らせを受けた場合、注意しなければいけない点が多々あります。例えば、連絡を深夜に受けた場合、特に親しい間柄でない限り、夜間の弔問は避けますし、葬儀の準備をしている遺族に電話をしてお悔やみを述べる事や、あるいは弔問で長居する事も遺族への負担となりますので遠慮しましょう。

参列する際の服装は、男性は黒のスーツ、ネクタイ、靴下、革靴を、シャツは白を着用し、柄物などは避けます。女性は黒または地味な色のスーツ、あるいはワンピースと黒のストッキングなどを着用します。化粧も控え目にしましょう。

葬式会場では、受付で渡す香典に新札を包む事は避けます。遺族との会話も参列した事が弔意の表れですので、最低限の挨拶に留め、他の参列者とも世間話などは避けましょう。通夜に参列した場合の通夜振る舞いは、故人への供養の意味がありますので断るのは失礼にあたります。

なお、葬式に静かにする事が難しい小さな子供を連れて行く事は、近親者を除いて可能な限り避けましょう。