投稿日:

葬儀に行くときの服装のマナーについて

核家族化が進んでいるため、大人になっても、一度も葬儀に参列したことがない人は珍しくありません。
そのため葬儀に行くときは、どのような服装をしたらいいかわからないという方もあるようです。
いい大人と言われるような年齢になっているので、今さら尋ねるのは恥ずかしく、そのままにしている方もありますが、いざというときはいつ来るかはわからないので、最低限のマナーだけは知っておくことが大切です。
まず男性が葬儀に参列するときは、ダークスーツに白のワイシャツを合わせるようにしてください。
ネクタイや靴下、靴についても、すべて黒でそろえなければなりません。
次に女性についてですが、これもダークスーツ、または黒のワンピースを着用するようにし、ストッキングは黒または肌色にして、柄物は避けるようにしましょう。
靴やバッグも黒にして、結婚指輪や真珠以外のアクセサリーはつけないでください。
子供は学校の制服があれば、それを着用するようにして、制服がないときは、白いシャツやブラウスを着て、ズボンやスカートは無地の黒や灰色、紺にすると良いでしょう。