葬儀に参列する場合の服装

PR | 介護用のベッドのレンタルならこちらにお任せ
葬儀における服装には、注意点が多々あります。男性は、ブラックスーツに白シャツ、黒ネクタイが基本となります。派手な時計、アクセサリーは着用しません。カフスボタンやネクタイピンもできれば外しましょう。

女性は、同じくブラックスーツか黒のワンピース、黒のストッキングが基本となります。髪型はまとめて、髪飾りやアクセサリーなどもできるだけ避け、どうしても着用する場合は黒色の物を選びましょう。また、化粧もシンプルにして、マニキュアも失礼にあたりますので止めましょう。

また、子供など未成年者は、学校の制服がある場合はそれが礼服となります。制服がない場合は、男子なら白シャツに黒やグレーのズボン、ブレザーなどを着用し、ネクタイは不要です。女子なら白ブラウスに黒やグレーのスカート、靴下を着用し、髪が長ければシンプルにまとめ髪飾りなどは付けません。

いずれの服装も、黒やグレーの服装を中心に、シンプルな髪型、化粧でまとめ、派手な色や柄物の着用を避けるようにしましょう。

弔問に訪れる場合などは、故人と親しい場合にはなるべく早く駆けつけたほうが良いです。その際には電話などで、いつ弔問に行けるかを伝えたほうが、相手もその準備ができるようになります。また弔問に行き、お悔やみの言葉とお辞儀をしたあと、もし時間に余裕があればお手伝いを申し出ると、相手の助けになります。葬儀の準備などで、猫の手も借りたいほど人手が不足しているからです。
通夜や告別式の前段階として、仮通夜というものをする場合がありますが、これにもマナーが存在します。例えば、仮通夜は訃報を聞いたときすぐに駆けつけることが多いのですが、その際には喪服のように黒装束ではなくても、地味な服装であれば大丈夫とされています。むしろ、急な訃報にもかかわらず準備が良すぎると、故人の不幸を予想していたのではないかと不評を買ってしまう可能性があります。

<PR>心の童話 / 童話 / 初値予想 / オーディオ / 女性の人生 / クレジットカードの即日発行じゃけん / 健康マニアによる無病ライフ / お家の見直ししま専科 / 女性向けエステ.com / マッサージのリアル口コミ.com / 住宅リフォーム総合情報 / アフィリエイト相互リンク / 超SEO対策 / SEOアクセスアップ相互リンク集 / JALカード